オ知ラセ

子供の健康情報

2019/12/28

お正月に子供が喘息を起こす原因のひとつにお餅の食べ過ぎがあります。
にきびのような出来物もお餅の食べ過ぎでなることがあります。
原因はよくわかっていませんが昔からの観察によれば、お餅が化膿や喘息を
誘発するようです。

大人も子供と同じで体に腫瘍を持っている方や体が化膿しやすいような人は
お餅を多くとらないように気を付けて下さい。

子供が喘息になったら腰の両脇をウエストの少し上の周辺が硬くなっています
のでそこを静かに押さえてあげると静まります。

インフルエンザは水をこまめにとることで体が乾燥していなければ罹りませんので
お子さんには注意して飲ませてあげてください。




年末年始休診日のお知らせ

2019/11/29

12/29~1/7日まで休診になります。
電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては
1/8日以降、順にお返事をさせて頂きます。
よろしくお願い致します。




子供の健康情報

2019/11/29

子供は靴下をはきたがらないものです。
大人は冷えて風邪を引くだろうと心配してはかせようとしますが
本来冷えるような体は足首が引き締まっていない体をいいます。

普段から走ったり飛んだりしている子供は表面は冷んやりしていても芯は冷えて
いないものです。
冷やすと冷えるは意味が違います。

また足を冷やすと鼻水が出てきますがこれも風邪を引いているわけではありません。
私が子供のころはまだ鼻を垂らしていた子供が多くいましたが足を冷やすことは
鼻に通じ、鼻は呼吸器に通じていますので鼻水を通して呼吸器を育てているとも
見れます。

良い面と悪い面の両方の意味を理解できることで「度」をうまく使いこなせる
ようになれれば良いなと思います。





子供の健康情報

2019/10/30

気温差が激しい今年はまだ冬の体になっていない子供が多くいます。

皮膚がまだ引き締まらないまま冬を迎えると寒さに対しててきめん体が
弱くなってしまいますので無駄な風邪を引かないためにも子供の服装を
あえて薄くして皮膚が引きしまるように誘導してげるといいです。

子供は足首に力があれば大人のような寒さを感じないし冷えることも
ありませんので冷え症のような子供にはジャンプ運動などをさせて足首の
引き締めをしてあげてください。




子供の健康情報

2019/09/29

今年は今の時期からインフルエンザが流行っているそうです。
呼吸器の発育を妨げないためにも余分な風邪やインフルエンザなどに
罹らないようにあらかじめ呼吸器の急所を強くしておくことが大切です。

6歳以下の子供には時々鉄棒でぶら下がるような遊びをしてください。
6歳以上の子供は首の真ん中の骨から両サイドの筋肉、肩甲骨の真ん中の骨から
両サイドに筋肉がありますのでそれぞれの筋肉が硬くなっていないかを探って
硬くなっていれば軽く押さえながら手当をしてほぐします。

そうしておくとたとえ風邪にかかっても治りが早くなります。




消費税に伴う料金改定のお知らせ

2019/08/31

ご来院頂いている皆様へ。

10月からの消費税増税に伴い施術料金、販売品の消費税価格を10%に変更させて頂く
ことになりました。

30分→¥4,400(税込)
60分→¥7,700(税込)
90分→¥11,000(税込)

皆さまにはご負担をおかけすることになり大変申し訳ありませんが、
何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。


S&S治療院 中山鎮圭吾




子供の健康情報

2019/08/31

日焼けをたくさんした子は秋口になって風邪を引くことがあります。
または下痢をすることがあります。

どちらもバランスをとるための自然の働きですので、様子を見ながら
足湯くらいのサポートで経過させてあげてください。

下痢や風邪の経過とともに黒い肌が一変に白くなるから面白いものです。

寒くなってから無駄な風邪を引かせないためには空気の乾燥と共に水分の補給が
大切になってきます。
薄めの味噌汁などで量を飲ませるようにすると良いです。

妊婦の人は足を冷やさないように気を付けてください。




8月休診日のお知らせ

2019/07/25

8/15~8/23日まで、休診になります。
電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては
24日以降、順にお返事をさせて頂きます。
よろしくお願い致します。




7月休診日のお知らせ

2019/07/25

7/29~8/1日まで、休診になります。
電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては
2日以降、順にお返事をさせて頂きます。
よろしくお願い致します。




子供の健康情報

2019/07/25

プールに入る機会が多くなりますので中耳炎が増えてきます。
中耳炎の急所は横腹をつまむこと、足の内くるぶしの下を
押さえることで改善に向かいますのでお試しください。

普段から時々硬い、または痛い側を押さえておくと予防になります。




1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

▲ページノ上へ

整体マッサージ&アロマスキンケアのS&S治療院
  • 営業時間 11時~19時(最終受付)不定休 完全予約制

TEL&FAX 03-6908-0696

  • Copyright© 2013 S&S chiryouin, All Rights Reserved.