オ知ラセ

5月休診日のお知らせ

2022/05/1

5/2~9日まで休診になります。 電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては 5/10日以降、順にお返事をさせて頂きます。 よろしくお願い致します。

子供の健康情報

2022/04/30

春から初夏に季節は移り呼吸器が活発に動いてきます。 汗をかきましょう。 しっかり汗をかいて出しておけば来年の花粉症は楽になります。 最近の子供はアレルギーなど昔の子よりも体が弱くなったと いわれるのは汗をかかなくなったか… 続きを読む »

子供の健康情報

2022/04/1

4月は1年間の体の軸を作るのに最も大切な季節といわれています。 4月に受ける心身の傷は、その後1年間の心身の乱れとなって現れて しまいます。 子供の日々の意思、感情、表現しようとしているものに耳を傾けて その流れに寄り添… 続きを読む »

4月休診日のお知らせ

2022/03/31

4/3~6日まで休診になります。 電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては 4/7日以降、順にお返事をさせて頂きます。 よろしくお願い致します。

子供の健康情報

2021/12/28

目の疲れは体の乾燥を促進します。 乾燥が促進すると風邪を引いて潤いを取り戻そうとします。 子供に風邪を引かせないためには水を飲むことも大事ですが 目の疲れをとることがもっと重要になります。 蒸しタオルで温めても良いですし… 続きを読む »

年末年始休診日のお知らせ

2021/12/28

12/31~1/8日まで休診になります。 電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては 1/9日以降、順にお返事をさせて頂きます。 よろしくお願い致します。

子供の健康情報

2021/11/30

子供がいつもよりはしゃいだり、反抗的になったり、絡んできたり、よく食べたり、顔の中心が開いてきたりしたときにはまもなく風邪を引く前だと分かります。また学校から帰ってきたときに胸を張っていれば楽しかったということですが肩が上がりっぱなしだったり、前に寄っていたりしたときは何か自分を出し切れていないことがあったということです。そういったことが溜まると風邪という形で発散をしようとするので親は普段から子供の観察をしていれば、予め子供の風邪を予測して話しを聞いてあげるとか体や気持ちを発散させるといったことで予防することが出来るようになります。

子供の健康情報

2021/10/30

温かい気温から急に寒くなってきました。寒くなったから風邪を引かせないようにとの配慮でしょうか、真冬の服装をしている子供を見かけます。毛穴が開いたまま厚着をすると汗の出やすい状態で冬を迎えることになり、そういう体は冷えの影響に極端に弱くなります。無駄な風邪を引かせないためにも少しの期間、薄着をさせて毛穴を引きしめてあげて下さい。

子供の健康情報

2021/09/29

余分な心配事の多いこの時代、受験生は大変だと思います。追い込みの冬に向けて記憶を良くする方法があります。記憶力低下は脳の酸素不足にありますので、まずは必要意外のところではマスクをとることです。正座になって、右の鼻の穴を指でふさいで、左の鼻からゆっくり大きく息を吸います。吸いきったら、少し苦しくなるまで息を止めます。苦しくなったら今度は左の鼻を指でふさいで、右の鼻から息をゆっくり吐きます。これを10回以上繰り返します。1~3週間続けることで記憶力の上昇を実感できることでしょう。

9月休診日のお知らせ

2021/09/16

8/17~20日まで、休診になります。電話やメールでのご予約、お問い合わせにつきましては21日以降、順にお返事をさせて頂きます。よろしくお願い致します。

子供の健康情報

2021/08/31

日焼けをたくさんした子供は、秋になって風邪を引きますが、目、鎖骨、肝臓、恥骨といったところに今のうちから手当をしてあげれば余分な風邪は回避できます。これからは汗をかいたらこまめに拭いて着替えさせてあげること。そして空気の乾燥と共に水分をとるように心がけてあげると良いです。

子供の健康情報

2021/07/30

歯を磨くときは歯茎も磨いてみてください。虫歯予防や歯が強くなります。また時々舌も磨いてください。菌やウイルスは舌に留まります。軽くブラッシングするだけでコロナの感染予防にもなります。

子供の健康情報

2021/06/30

最近は予防接種で麻疹やおたふく風邪に罹る子はいなくなりました。かつては麻疹や水疱瘡、おたふく風邪を通して一人前の大人の臓器に成長すると考えられていた時代もありました。そういった子供のころに罹るべき病気を通して後頭部が発達するのですが、予防することで発達しそこなった場合には例えば右の後頭部が左よりも盛り上がってない場合は内向的で自分の世界にこもりやすくなります。反対に左が盛り上がっていないと感情のブレーキが利かなく衝動的になりやすくなります。子供の後頭部を触って盛り上がってない方があれば手当をしていくと発達していきますので時々思い出したら手当をしてみてください。

子供の健康情報

2021/05/29

最近小学生でマスクをして走った直後に亡くなった子がいたそうですが、これからの梅雨は呼吸器に負担がかかる季節です。雨が続くと胸が開かなくなり息が苦しくなってくるタイプの子がいます。そういう子がマスク着用をして運動をしていると命に関わるかもしれません。やたらだるいとか、息苦しいとかいう子がいたら、その子の坐骨(お尻と太ももの付け根)の周辺のどこかが硬くなっていないか調べてください。硬くなっているようであれば、そこをほぐしてあげると楽な呼吸が戻ります。そのあとで足の裏も押さえておくと良いです。

子供の健康情報

2021/05/1

子供は大人のように上手な発散方法を知りません。コロナの影響による長期的なストレスは子供は表現できないだけで大人以上に感じているはずです。子供時代に抑圧されたものは、大人になってから病気という形を通してバランスをとろうとすることがあります。30歳を超えての病気が子供時代に起因することがあるのです。今のような自粛時期こそ、今まで以上に子供の心の伸びようとする方向に沿ってあげる事が重要だと感じます。